ソフトバンクのWホワイト

通常の通話プランに一ヶ月あたり980円をプラスすることで、通話料が安くなるソフトバンクのWホワイト。店員にすすめられて、お得なのだろうと漠然とイメージして入っていませんか?Wホワイトの中身をよく見てみると、あなたには必要のないプランかもしれません。Wホワイトで安くなるのは、21~1時にソフトバンクの携帯電話にかける場合と、ソフトバンク以外の携帯電話にかける場合です。ホワイトプランで、30秒につき21円かかる通話料が、半額の10.5円になります。計算してみると、安くなる状況での通話時間が1ヶ月で46分40秒以上あれば、加入した意味があることになります。1日あたりに直すと、約1分30秒。それぐらいの通話はしているだろうと考えがちですが、これはあくまでこちらから電話をかけた場合のことです。しかも、1~21時にソフトバンクの携帯電話にかけた場合は元から無料。自分から積極的に電話をかける人でなければ、案外対象となる通話時間は少ないものです。料金明細などを確認して、お得になっていないと感じたならWホワイトを解約することで節約ができます。