住宅ローン控除の条件

住宅ローン減税の控除ですが、いくつかの条件に合致していないと控除を受けることができません。今組もうとしているローンが控除の適用範囲内となるのかどうか、事前にきっちりおさえておきましょう。住宅ローンの控除が目的とするのは、一戸建てやマンションを取得した後の家計の負担軽減にあります。なるべく平等になるようにということで、条件が決められています。まず住宅ローン控除の条件は、1年間の所得が3,000万円以下でなければなりません。年間3,000万円以上の収入がある人は、住宅ローン控除を受けることができません。ローン控除の条件として住宅への入居の時期が、購入してから6ヶ月以内です。3つ目の条件として、その住宅にきちんと住んでいるかどうかが問題になります。具体的には、購入年の末日まで入居しているかどうかが問われます。そして、どんなに短くとも10年以上の返済期間をもった住宅ローンを借りていることも、住宅ローン控除の条件です。対象となるローンの返済が10年以内にすんでしまうようなものの場合、住宅ローン控除を使うことはできません。複数の金融機関から別々にローンを組んでいても、条件としては問題ありません。金利が年1%未満の融資や、無利子でお金を借りている場合には住宅ローン控除の条件を満たしていない為、ローンの控除を受けることができません。他にも長期優良住宅であることなど、住宅の種類や工事の内容によっても条件が決まっているようです。住宅ローン控除を受けるための条件にはさまざまなものがありますので、ローンを借りてしまう前に控除の条件をきっちりおさえておきましょう。

手術で行うリフトアップに関して

家でのケアでリフトアップを行うという方法もありますが、エステや家ではなく、整形でのリフトアップも可能です。どんな手術を行うことで、顔のリフトアップを行うことができるのでしょうか。しわやたるみのない、ピンと張った皮膚にするために、額から耳にかけての皮膚の一部を切り、皮膚を持ちあげます。フェイスリフトアップ手術のメリットは、他の方法では改善できないたるみやしわをなくすことが可能なことです。切開した傷は髪で隠れますし、傷跡自体もしわのラインに沿うのでほとんど目立ちません。ただし、顔のリフトアップをすると施術後に内出血や腫れが生じることがてります。2週間ほど、腫れがひくまで時間がかかった人もいます。運動のしすぎや、お酒の飲みすぎはリフトアップ後は厳禁です。リフトアップは人を若々しく見せますが、かといって20歳も30歳も外見がわかくなったりはありません。リフトアップで若く見える程度は、人によっては違いますが10歳から15歳程度です。不自然なほどに若くなるということはまず考えられないでしょう。フェイスリフトアップの手術の費用ですがかなり高額になることが多いようです。入院の必要がなくても200万円ぐらいかかります。手術するクリニックや内容によって費用が違ってきますので、あらかじめしっかりとカウンセリングを受けておくことが大切です。リフトアップ手術は、注意点や弱点も結構ありますので、事前に担当医と相談して納得のいく形で行いましょう。

地震保険はどこでも同じ?

地震保険は地震が起きた際の損害を保障してくれる保険です。地震が多い国である日本に住んでいる以上、ぜひ加入しておきたいところです。どの会社の地震保険に入ればいいか迷うかもしれませんが、地震保険のみに関して言えば大きな違いはありません。地震保険は法律に基づいて設立された特殊な保険で、損害保険会社が独自の商品を販売することはできないようになっているからです。ただ、地震保険は火災保険とセットでなければ加入できないので、火災保険の保障内容をチェックして保険会社を選ぶ必要はあります。警戒宣言が発令された場合、加入することはできなくなってしまうので加入の意思がある場合には早めに手続きをした方がいいでしょう。警戒宣言が発令された段階で満期を迎えた地震保険については問題なく更新することができます。また、地震保険には建物の状態などによって割引を受けることができる制度があります。ただし、自己申告制なので自分自身で条件に合致するかを調べなくてはいけません。

ソフトバンクのWホワイト

通常の通話プランに一ヶ月あたり980円をプラスすることで、通話料が安くなるソフトバンクのWホワイト。店員にすすめられて、お得なのだろうと漠然とイメージして入っていませんか?Wホワイトの中身をよく見てみると、あなたには必要のないプランかもしれません。Wホワイトで安くなるのは、21~1時にソフトバンクの携帯電話にかける場合と、ソフトバンク以外の携帯電話にかける場合です。ホワイトプランで、30秒につき21円かかる通話料が、半額の10.5円になります。計算してみると、安くなる状況での通話時間が1ヶ月で46分40秒以上あれば、加入した意味があることになります。1日あたりに直すと、約1分30秒。それぐらいの通話はしているだろうと考えがちですが、これはあくまでこちらから電話をかけた場合のことです。しかも、1~21時にソフトバンクの携帯電話にかけた場合は元から無料。自分から積極的に電話をかける人でなければ、案外対象となる通話時間は少ないものです。料金明細などを確認して、お得になっていないと感じたならWホワイトを解約することで節約ができます。