奥深いコーヒーの世界

今回は奥深いコーヒーの世界をいくつか紹介していきます。
コーヒーは今や手軽に買えて飲める飲み物になっています。
作用としてはカフェインが入っているので眠気覚ましにブラックを一杯。食後のお口直しで一杯。15時のおやつのお供に一杯。リラックスしたいときに甘めの一杯。残業で頑張りたいときに強めで濃いめの一杯。私たちはその時の気分や状況に合わせてコーヒーを選ぶことができ、また手軽に飲めることが普通になってきています。コーヒーには、カフェイン入りのものとカフェインなしのもの、いわばデカフェというものがある。コーヒー好きの人で例えば夜寝る前に飲みたいけど眠れなくなりそうな方や妊娠中で飲めない方むけに考案されたのがデカフェです。こちらはコーヒーの品質・味を落とすことなく楽しむことができ最近有名コーヒーチェーン店が続々と販売してきています。
こちらはスーパー等でも購入できますし、カフェでも気軽に飲めます。
次に紹介するのは家でドリップして飲む場合、お湯の注ぎ方で味や風味が変わってきます。
インスタントのものでも味や香が変わってくきます。まず最初にインスタントのコーヒーをセットします。沸騰したお湯を注ぎます。そのとき、注意することは、お湯は粉が浸るくらいに注ぐということです。いきなりお湯をぶっかけてしまっては味や風味が損なわれてしまいます。少し浸るくらいにお湯を注ぎ、そのまま20秒ほど待ちます。この手間だけで味が全く異なり、美味しく珈琲を頂けることができます。そのままブッラクで飲むのもいいですし、ミルクと割って飲みたい方もいると思います。
そこで紹介したいのがミルクの種類で味がまたまた変わってしまうのです。低脂肪の牛乳だと味が全体的にサッパリしてきます。普通の牛乳だと脂肪分が多いのでカフェラテ感が強くなり味が牛乳の味でいっぱいになってきます。また豆乳で割る場合、豆乳の味が強いのでとても濃厚になり牛乳とはまた違った味を楽しめます。珈琲はブラックだけでなく牛乳やシロップ、豆のブレンドするだけで味が全く変わってきます。ぜひ自分が一番美味しいと思うマイフェイバリットの珈琲を発見してください。